記憶力向上で日常生活をスマートに!記憶力を高める方法を徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

資格を取りたかったり時事問題に関心があったりする人は多いことでしょう。
しかし、どんなに熱心に勉強をしたとしても、試験中に回答を思い出せなかったり会話中に言葉が出てこなかったりすることはありませんか。
そのようなお悩みに役立つ、記憶力を高める方法を紹介していきます。

記憶には定着しやすい時間帯がある

特に資格の勉強などでは、記憶力は大切となります。
あとひとつ回答を思い出せていれば合格だったということもあるかもしれません。
記憶力を高める方法として、勉強する時間帯を選ぶことが挙げられます。
人間の脳には、記憶を定着させやすい時間帯とさせにくい時間帯があります。脳の活動を利用することで、効率的に物事を記憶することができるでしょう。
午前4時から午前10時までが最も記憶が定着しやすい時間帯と考えられているので、早起きして勉強をすることで記憶力を高めることが可能となります。
また、午後10時から午前2時も記憶するには適した時間帯といわれています。
しかし、この時間帯に勉強すれば記憶力が良くなるのではありません。
この時間帯の前に勉強をしてから眠りにつけば、寝ている間に就寝前に覚えたことが脳に定着されるのです。
そのため、寝る前に本や新聞を読むと、効率良く覚えることができるでしょう。

歌にして覚えよう

私たちの脳は、単調なものに対して記憶力を発揮してくれません。
そのため、適度に刺激を与えることで、記憶力を高めることが可能となります。
適度な刺激とは、ずばり「歌」です。
歌詞だけを丸暗記しようと思っても難しいですが、何回かメロディーに乗った歌を聴いていたら自然と歌詞を覚えたいたという経験はないでしょうか。
覚えたい言葉や単語があるときは、替え歌としてメロディーに乗せて何度も歌ってみることがポイントです。
歌を歌うと口から発した音を耳で聞くことになるので、2重に記憶する効果が期待できます。

毎日少しずつ学習するのも効果的

「今日は20ページ、明日は21ページ、明後日は22ページを覚えよう」というような勉強方法は、脳への定着を弱いものにしてしまいがちです。
この方法よりは、1日目は20〜22ページの内容を広く把握し、2日目は1日目よりも3ページ分を深く読み込み、3日目は同じく3ページ分の内容を復習することの方が、記憶の定着率は高まります。
また、4日目から6日目で23〜25ページを学習し、7日目で20〜25ページの内容を総復習すれば、1週間で5ページ分の内容をしっかりと記憶させることができるでしょう。
毎日繰り返して学習することは、記憶力を高めるのにはとても重要な要素となります。

記憶力が悪いと思い込まないで!

記憶力向上には勉強する時間帯と適度な刺激、繰り返しがカギとなります。自分は記憶力が悪いのだと思い込まず、これらの方法を試してみてください。
勉強するときは音楽やテレビなどの映像を見ず、集中して行うことが大切です。集中力が散漫になると記憶力が低下してしまい、余計な時間を勉強のために費やすことになる可能性があります。
仕事と勉強を繰り返すだけの生活ではストレス発散が難しいため、勉強を効率的に行うことで余った時間を好きなことに当てましょう。
勉強に対するモチベーションが向上し、それがさらに記憶力の向上へとつながることもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*